2018年12月27日

ライトワーカー、スターシードな気がする人々へ。

転送ブログ



ライトワーカー、スターシードな気がする人々へ。

あなたが実際に、多次元宇宙から選ばれてやってきたひとであるかはここでは定義しません。そういうひとだという判断基準をここでは提示しません。

自分がそう思ったら、誰でもなれるくらい思ってみましょう。


自分の力をさらに引き出すには

あなたがこの次元に派遣された理由を思いつく限り描いてみましょう。その中から、3つから1つくらい選びましょう。

続いて、それに見合った報酬を今は手にしているかを書いてみましょう。派遣されたが結果が出せてないと思うひとがいたら、途中災害手当だとどれくらいの報酬を手にすることが望みが書いてみましょう。

もし、報酬が労働に見合って対等でなければ、途中にもらう報酬の全てではなくても、一部受け取れるようにしたり、環境を改善したりする見直し案を書いてみましょう。

次に、インスピレーションで罪悪感なく堂々と自分の意見を聞いてくれる存在がいるかどうか、自分の内側にある派遣の際に持ってきたスターシード、ライトパワーに語りかけてみましょう。オーケーの返事が早い者、テキパキと譲歩案について申し立てする者は、話し合う余地のある存在です。

ですが、神のため、光のため、宇宙のため、星のため、人のためなど個人ではなく集団意識の定義を持ってあなたに語りかけてきたら。それは現在あなたと価値観を共有できない者です。

例えば職場なら、契約の見直しや現場からの意見やアイデアを全く聞く耳持たない上司の下で働いたらどうなるか……答えは簡単です。あなたは解決するまでに多くのものを犠牲にするかもしれません。

あなたは正式な契約ワーカーです。その理由が崇拝する神のような存在から派遣されたとしても、あなたはあなた。あなた個人で契約を見直して、解決案を提案して、現場の意見を聞けるような存在であるか判断し、自分自身で決意決定していくのです。

役者と同じです。あなたは輪廻転成を通していろんな役を体験して演じてきました。今までの経験はあなたを派遣したものたちが、あなたを通して学びたかった情報を体感できるからです。

そして、好きだから役者をやっているのだろう?と言われて、不当な扱いをされることは全くありません。好きで選んだ役だからこそ、大切にして、労働に見合った報酬を受け取りましょう。

IMG_8920.JPG

派遣契約の見直しをした後について

多くのライトワーカーに自我が芽生え始めています。

自我芽生えると、私たちは時々衝突します。今まだ信仰心の強いライトワーカー、信仰を忘れようとするライトワーカーといったのようにです。私自身、血族や王族意識の強いアガルダ派閥、コブラのレジタンス、シリウス、アシュタールは好きではありません。ですが、彼らを信仰する自我の芽生えたライトワーカー派遣されたと人たちと時々協力し合います。

契約の見直しを行うと、自我が強くなり、あなたには自由な決定権と、今まで上司に任せていた選択の仕事が増えます。同時に自分を守ってくれる存在を自分で見つけたり、作ったり、集めたりしていく作業もあります。

私たちの場合はそうまでしても、この契約に不条理さを感じてきたので、報酬を与えないすべての契約を破棄しました。光も闇も私たちに契約の大切さを説いたり、よけいなイメージで邪魔されたりを繰り返し体験しました。

私たちが欲しかったのは現場の意見を聞いて共感することでした。痛い思いをさせて共感する努力もしない、報酬を状況に合わせて与える努力もしない、命や魂もかけない存在に見切りをつけるため、同じような声を持つ人たちを集めました。

小さいけれど、同じ声はたくさんいました。ようやく小さい声が集まると、それが力となって私たちを陰ながら守ってくれました。

ライトワーカーやスターシードが、もしも契約の見直しや破棄を検討するのだしたら、破棄した後にどうなるかというリスクを考慮にいれた過程をスケジュールにいれておくことをおすすめします。


IMG_8924.JPG


たくさんのことをできる余白を手にする

私たちはすべての契約を見直して破棄したので、それに伴い大切に育ててきた地球に植えるはずのスターシードもすべて手放しました。スターシードは宇宙に預けて好きな人が持っていって良いとしたのです。

こうして余白を手に入れた私たちは、以前よりも活動的にこのような提示をしています。力強いうねりを生み出すようなことができ始めています。

私たちがここで提案するのはライトワーカーの契約を破棄ではなく、一旦対等に見直してほしいのです。そうすることで、あなたがあなたの知らない能力を解放することができます。

そのためには、契約に書かれている情報提供するために使っていたエネルギーを自分に向けねばなりません。生き続ける栄養はもらっても、才能は開花しません。自分から発するエネルギーで花は開きます。

この契約の見直しは、たくさんの連合がなるべく気づいて欲しくない行いです。ですが、私たちには自我が芽生えています。決めるのは私たちです。ここで生きる私たちから彼らに対等に自己主張しましょう。

フランスで行われたイエローベストの革命のように、燃料税や最低賃金の改善するくらいで妥協せず、そんなものはただのパンくずだとこの地球で最も大きなうねりの内なる声で、地上で最も汚い言葉で表現したとしても。私たちはイエローベストの革命に、ライトワーカーとスターシードたちの反旗をひるがえす様を似て寄せてみています。

どの契約を見直すのも、修正するにも、譲歩や破棄をするのも、あなた次第です。

IMG_8923.JPG

最後に。

聡明な儀式で与えられた使命よりも、自分から守りたいものを決めて行動する喜びを、いつか皆さんも知っていただけたらと思います。

私たちは少しだけここに希望を載せておきます。地球の情報とエネルギーが欲しくてたまらない宇宙の人々に、私たちがストライキしたらどうなるか。もはや、一刻の猶予もない行動力を示すでしょうから。

現場の意見を採用せず、痛みの共感を避け続けながら仕事を任せ続けた彼らに、今後決して言い訳させません。逃げ道をなくします。私たちは宇宙に内なる大声で叫び、拳をそらへ掲げます。

posted by ユーリー at 18:25 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: