2016年04月20日

魂を思い出す。

私はよく、夢の中で多くの会議を経験しました。会議をする人々は、闇を解放する人たちが主催となっていました。一部、ネットで言われている銀河連合という各星のリーダーたちです。


私達も星の代表ではありますが、彼らとの決定的な違いは、大気圏や地中から支援する人々と、現場救済の違いでした。


地球にいる現場主義の人々は、とても精神的に虐げられていたのも事実です。彼らにはそういう態度をしている気持ちはないのでしょうが、地球でたくさんの感情を経験してきた私にとって、心地の良いものではありませんでした。特に私の故郷の星は、彼らよりもずっとスピリット的に進化を遂げていませんでした。

続きを読む
posted by ユーリー at 00:00 | 日記

2016年04月10日

恐怖を克服する

恐怖をストレスと例えてみましょう。

ストレスはいつも目の前に、体全身に感じます。そして私達は感受性が高いままここに生まれ続けることを選んだので、内なる全身(エーテル体等)でも感じます。

時には、鈍感になることも必要です。需要なことは、どこを鈍感にするかということです。これを違ってしまうと、自発性に目覚めた闇を解放する手伝いをするスターシード・ライトワーカー達を応援してくれる地球が送り続けている光を受け取ることが、難しくなります。


続きを読む
posted by ユーリー at 00:00 | 日記

2016年04月01日

スターシード・ライトワーカー達の思い出す道のり。


地球よりも外、外宇宙から立候補して地球にやってきたライトワーカーたちは大勢います。

私個人でいうと、ライトワーカーだというのはみんなライトワーカーだと思っています。電車の切符を切るのも、子育てをするのも、病気を克服しようとする人も。明日へ生きようとする人々はみんな、何かしらエネルギーを発しています。そのエネルギーこそが、ライトワーカーだと思うからです。

しかし今回は、停滞した闇を解き放つために、立候補して星の代表としてやってきた選ばれた者たちという意味で、スターシード・ライトワーカーという言葉を用いようと思います。



続きを読む
posted by ユーリー at 00:00 | 日記